日常英会話がそれほど簡単ではない理由

一言で英会話といっても、英会話にも様々な分野が存在します。ある程度英会話ができる人にとって、最も難しい分野は何かと考えた時に、まずビジネス英会話が難しいと感じる人がいるかもしれません。ビジネス用語やビジネスを行う上でのやり取り、さらには相手との駆け引きなど、いかにも難しそうだと感じる人も多いでしょう。または自分の趣味の分野の英会話が難しいと感じる人もいるかもしれません。難しい専門用語が出てくるなど、これも難しそうに感じます。しかし実際のところ、これらの英会話は比較的やさしいとされています。そして実は最も難しいのは、日常英会話です。
少し考えた時に、ビジネス分野や趣味の分野のは非常に難しそうに見えるでしょう。それにもかかわらず、これらの分野が比較的やさしいと考えられるのは、単語の表現もリスニングも限られているからです。例えばビジネスの場合には、特定の専門用語は難しそうに見えるでしょう。しかしこれは覚えてしまえばいいことです。そして使われる表現も限られています。使われる単語も表現も限られていることから、リスニングしなければならないことも限られているといえるでしょう。もしも聞き取れなかったとしても、繰り返し言ってもらったり、違う表現に言い換えてもらうことによって、聞き取れることもあります。これはあくまでもビジネスが目的だからです。
趣味についても同じようなことが言えます。目的はあくまでも趣味で、趣味のために英語が必要になっています。そのため専門用語や表現が限られ、リスニングも同じように限られてくるのです。
日常英会話と聞くと、簡単なようにも感じますが、実は一番難しいものです。その理由は制限がないからです。まず話題について考えてみると、ありとあらゆることが話題となるでしょう。あらゆることが話題になるということは、単語や表現にも様々なものがもちいられます。そしてこれを聞き取らなければならないので、聞き取りにも制限がありません。いくらやっても終わりがないので、それゆえに非常に難しいと感じるのです。