独学でも少しずつ英語を話せるようになります

日本人の昔からのあこがれ、それは「英語を流暢にしゃべる」こと。しかし実際にはなかなかハードルが高く、中高と六年間学校で習っただけでペラペラと会話できるようにはなりません。また、国際的にも日本人は英語ベタとして知られてしまっています。しかし、これは日本語と英語が言語的に違いすぎるという点によるものが多いため、失望することはありません。またシャイな国民性のため会話が苦手という部分があるだけで、きちんと問題点を見据えていけば特別なスクールに通わず、独学でも会話することは出来るようになります。まず、最初に大事なのはよく言われる「学校の英語なんてやってもムダ」というのが間違いということです。たしかに学校で習う内容では直接会話が出来るようにはなりません。しかし、どうやっても単語の意味は知らなければ会話などできませんし、ネイティブでない人間にとってある程度の文法はその言語を学ぶ最短コースなのです。最初に中学レベルで良いので単語と、文法はきちんと学ぶのが遠いようで一番の近道となります。「仮定法」「独立分詞構文」など、あまり複雑な文法はやる必要がありませんので中学範囲だけ学びなおしましょう。その基礎が身についた状態で、ようやく会話の教本に取り掛かります。ここからは口と耳を存分に使って、教本のいわゆる「基本例文」を暗記するくらいに復唱します。会話といっても日常会話であれば、いくつかの定型文を使い回せば対応できてしまいます。そのため、いわゆる「テンプレ文」を身体にしみこませ、パッと口をついてでてくるまで反復することが重要です。よく「読み・書きは勉強、聞く・話すは運動」と言われるように、徹底的にCDなどで音声を聞き、口でしっかり発音しながら復唱しましょう。ある程度これが身につけば、少しずつ実地の練習に入ります。街で外国人に声をかけるのがハードルが高い場合、インターネットのチャットなどで英語圏の方と友達になり、少しずつ練習すると良いでしょう。無料ですし、せっかくですから共通の趣味(ゲームや写真など)のサイトに行って相手を見つけられれば友達も作れて一石二鳥です。ゆっくりとですが確実に成長できます。